description
家づくりのヒント

【家づくりの準備】注文住宅で付けておけばよかった!?3つの設備

家を建てることを計画する際、何を付けようか、と考えるのはとても楽しいですよね。でも、取り入れたいものがあれもこれも多すぎてしまうと、今度はどれを外せばいいのか、迷ってしまうことも…。そんなときに、今回のお話が、ヒントになれば幸いです。では、編集部が詳しくお伝えします。

 

※下記のやりとりは、YouTubeでも視聴できます。

 

 

【ママ目線で解説】注文住宅で付けておけばよかった3つの設備

 

M:今回はどんなテーマでしょうか? 

 

O:今回のテーマは、【ママ目線で解説】注文住宅で付けておけばよかった3つの設備です。 どうしても、予算の関係であきらめたけれど、「あったらよかったなぁ」と思う設備のこと。ハウジングこまちの読者から寄せられた後悔の声をもとに、ママでもある私Oが解説をしていきたいと思います。 

 

M:どうしても、予算との兼ね合いで断念したけれど結構重要だったのかなぁ。。。と思う設備、あるんですね。 

 

O:そうですね、実際の暮らしを想像して判断していただければとおもいます。  さっそく皆さんから寄せられた注文住宅で付けておけばよかった3つの設備についての事例3つを発表します。 「勝手口」「パウダーコーナー(お化粧するドレッサー)」「ガレージ(車庫)」です。 

 

M:さまざまな設備が登場しましたが、確かに金額にすると高そうなイメージがありますね 。

 

O:はい、断念する理由は金額と使用目的かと思います。

 

 

【注文住宅で付けておけばよかった1】勝手口

 

 

O:では、1つめの「勝手口」から詳しくみていきましょう。ドアやスペースなどの初期投資が必要ということで断念したという方が多くいらっしゃいました。 「勝手口をつけなくて」で後悔している理由が3つ上がっています。その1は、買い物からすぐにキッチンへと動線が速やかだったのに…。 

 

M:これは動線のことですね。 

 

O:そうです、勝手口は主にキッチンから外へ繋がる扉のある入り口です。特に奥様は買い物をして帰宅するときに、スムーズにキッチンにいければ、それはそれは便利ですね。 

 

M:特に小さなお子様を見ながらなど、リアルな状況を考えると、あると便利なのかもしれませんね。 

 

 

O:はい、では続きまして、2つめの勝手口があったのなら…と後悔する理由は、ゴミ出しなどに便利だったのに…です。 キッチンのそばにある勝手口。いったんごみを外においておきたいという場合に便利です。外部に週イチに出すゴミ箱を置く家庭もありますし、生ごみはできるだけ室外に置きたいという主婦心…私も理解できます。 

 

M:そうですよね、ごみ出しは毎日のことなので、動線や置き場所などはこだわりたいですね…。 

 

 

O:3つめの勝手口後悔は、土野菜などを土間に収納できるのに…というものです。 ご実家からたくさんの野菜をもらう機会があったり、庭で家庭菜園をしているご家庭など、土間のある勝手口があれば重宝します。そんなシーンでもあったらいいのに…となるのかもしれません。 

 

M:スーパーで買った野菜も涼しい場所に置きたいと感じますものね。 

 

O:いろいろと使い勝手の良い勝手口、リアルに用途を検討して選びたいものですね。 

 

M:一方、「勝手口は要らなかった」というお声もありますね。 

 

O:はい、やはり扉とスペースが必要になりますし、スムーズ動線になりえない間取りやほかに土間コーナーを設けたりしながらカバーしたりと。必要がなかったという声もあがっています。私も2階リビングの家なので必然的に設けていませんが不便はありません。 (2階リビングのお話はこちら

 

M:なるほど!しっかり目的をもって決めていきたいですね。 

 

 

【注文住宅で付けておけばよかった2】パウダーコーナー

 

 

O:続きまして「パウダーコーナー」つけておけばよかったという意見についての解説です。当初つけなかった理由としては、化粧は洗面台で完結すると認識していたようです。 つけておけばよかったのに…と後悔している理由が3つ上がっています。  その1、収納なども備えていて便利 、です。

 

M:たしかに、ドレッサーが備え付けられていると、しまうのにも便利そうですね。 

 

O:適所に収納があり、デザインも素敵であればテンションもあがりますね。特に女性はメイク道具が多い方もいらっしゃるかと。 

 

M:なるほど、収納という概念でも備えると便利そうですね。

 

O:そうですね。続いて、その2「お化粧に集中しやすい」です。

 

M:確かにメイクは集中したいです。 
 

O:特に家族が多いと会話しながらのお化粧作業を懸念する方もいらっしゃると思います。私もそうですね。 続けて、パウダーコーナーつけなくて後悔その3は、書斎などとしても活用できることです。 造作のパウダーコーナーは、家事室に備える場合もありますし、寝室の一角に設ける場合もあるかと思います。いずれにせよカウンターがあるので、パソコン作業や読書など、多目的に活用できるのもうれしいですね。 

 

M:確かに、いろいろな目的で使えるのであれば、あったら便利かもしれないですね。 

 

M:一方、パウダーコーナーはなくても大丈夫だったというお声もありますね。 

 

O:そうですね、洗面化粧台が充実していたり、お気に入りのメークボックスがあったりする方は特に必要ないのかもしれませんね。 

 

 

【注文住宅で付けておけばよかった3】車庫(ガレージ)

 

O:続きまして「車庫」をつけておけばよかったという意見について、お話させていただきます。当初つけなかった理由としては、工事代金が高いということだそうです。確かにガレージは広さ、施工代金ともに大きく上乗せされます。  が、つけておけばよかったのに…と後悔している理由をご紹介します。  まずは、「車やバイクのメンテナンスができる」こと。 確かに、特にご主人が大満足されている場合が多いです。ご夫婦でバイクを楽しまれているご家庭もあります。計画段階からマスト条件でガレージとおっしゃる方も多くいらっしゃいます。 

 

 

 

M:確かに、車好きのご主人多い気がします! 

 

O:車やバイクのほかにもガレージは便利です。お子様の自転車もしまえますし、アウトドア用品もゆとりで収納できます。 

 

O:次は「悪天候から愛車を守る」です。 ガレージの醍醐味はこれですね。 雪の日は特に、うれしいと思います。奥様は買い物から帰って雨が降っていても、ガレージから室内に入れる動線があればぬれずに済みますし。優しい仕様ですね。 

 

M:雨や雪でダッシュするのは、結構つらいですからね。 

 

 

O:最後は「冬に雪かきが不要」。雪国で暮らしている私たちは、実感するのであります。 

 

M:そうなんです、冬場は雪かきで早起き、当たり前ですからね。 

 

O:でも、車庫があればその心配は無用です。どうしてもカーポートですと、吹込みの雪は避けられないのですが、全面をささっと雪のけすればOKですので。 

 

M:編集長の家、インナーガレージでしたよね。 

 

O:はい、私の場合は雪かきというよりも土地が狭かったので、車庫をインナーにすることによって、スペースを稼ぐことができました。そんな間取りの都合でガレージを採用するケースもあるかとおもいます。 

 

M:やっぱり便利ですか? 

O:はい、年齢とともに冬場は特にありがたいと実感していいます。 

 

M:しかし、車庫はいらなかったという声もあがっているんですよね。 

 

O:先にあげたとおり、工事代金がかなりあがってしまうということで、カーポートで十分ですという声も多くあります。また、雪の少ないエリアだったり、気候柄によっても選択が変わってくると思いますので、優先順位や暮らし方に合わせて検討していただきたいと思います。 

 

 

 

 

 

 

自分にぴったりな建築会社を探すなら
紹介可能企業数県内No.1の
「ハウジングこまちカウンター」がおすすめ!

住宅営業職と「ハウジングこまち」の編集で
培ったノウハウを基に、
専任のアドバイザーが効率的な家づくりの進め方からご家族に合った予算の立て方までを個別で解説します。
もちろん、講座からご紹介まで、料金は無料。
成約するまであなたの家づくりを
全力でサポートします。

その他のコラム

ご利用方法に合わせて予約画面へお進みください
まずは無料相談のご予約を 相談は無料です

新潟市、三条市、長岡市、上越市にある
いずれかの会場にご来場いただき、相談。

編集部員がご自宅へ訪問。
※対応しないエリアもあります。

電話でご予約は
フリーダイヤル
0120-222-876 0120-222-876

電話受付時間:9:00~18:00

遠方でご来店が難しい方、子育てや共働きで時間がない方は、電話でも相談を受け付けております。