description
家づくりのヒント

頭金の準備に諸費用…自己資金いくら用意すればいいの?

金融機関から借りる住宅ローンと自己資金で家づくりの総予算が決まります。借りられる金額と用意できる頭金が、賢い予算立てのカギになるので、慎重に!

 

 

自己資金、どこに充てる?

ローンの借り入れ額を減らし、その分の金利負担を軽くするために重要なのが自己資金。金利条件が同じなら、自己資金が多いほど支払う利息の金額は少なくなります。総費用のほぼ全額を借りられる住宅ローンもありますが、現金で支払う諸費用もあるため、自己資金は予算の20~30%以上用意しておきたいもの。下の図を参考に、自己資金の割合を決めましょう。

 

 家づくり総費用における自己資金の使途(一例)

 

 

頭金の金額で負担が変わる

自己資金は、多ければ多いほど後々の返済が有利になりますが、かと言って貯蓄のほとんどを自己資金として使ってしまうのは考えもの。下の表の通り、頭金の割合が大きいほど利息が抑えられ、負担が小さくなります。頭金が0円の場合と比較すると、頭金が20%のときには約196万円、頭金が30%のときには約293万円も総支払額が少なくて済みます。頭金の額は、住宅価格の動向やローンの金利情勢などを総合的に考えて判断する必要があります。

 

 頭金の割合で変わる総支出額 

※物件価格2,500万円の場合で試算(35年元利均等返済・金利2%・全期間固定金利・ボーナス返済なし)
※表示の金利は試算用に想定したもので、実際の金利ではありません。

 

 

 

専門家に相談してアドバイスをもらうのも◎

家づくりは、ほとんどの人が初心者です。分からないことがたくさんある中、特にお金のことはついつい後回しになりがち。ハウジングこまちのホームページでは、住宅会社が実施する資金計画セミナーの情報を随時更新しているので要チェックです。
さらに、金融機関やファイナンシャルプランナーによるセミナーや相談会も開催されているので、積極的に参加して知識を習得するのもおすすめ。住宅ローンのエキスパートに学んで、自分たちに合った資金計画を慎重に検討しましょう。

 

 

 

自己資金どこまで出す?きちんと整理して考えよう

今回は、お金のことについて考えてみました。どこからどこまで自分たちの手持ちを出して、どこからどこまでローンに頼るのか?考えを整理して、優先順位を決めて、あなたにとって理想の家づくりを叶えましょう。もし悩んだり、迷ったりするようなら、新潟の住宅購入相談窓口「ハウジングこまちカウンター」にお気軽にご相談下さい。

 


「ハウジングこまちカウンター」では、工務店、ハウスメーカー、建築事務所の比較はもちろん、より詳しい事例や説明を用意しています。土地を買う。おうちを建てる。マイホームを持つ。新築、一戸建て、建売情報、リフォーム・リノベーション…さらには、高気密・高断熱、耐震性、二世帯…。住宅購入のことなら何でもお任せ下さい。新潟県内の住宅専門誌「ハウジングこまち」の編集部員でもあるアドバイザーが、家づくりのノウハウや失敗しないコツ、後悔しないポイントを個別で丁寧にお伝えします。

自分にぴったりな建築会社を探すなら
紹介可能企業数県内No.1の
「ハウジングこまちカウンター」がおすすめ!

住宅営業職と「ハウジングこまち」の編集で
培ったノウハウを基に、
専任のアドバイザーが効率的な家づくりの進め方からご家族に合った予算の立て方までを個別で解説します。
もちろん、講座からご紹介まで、料金は無料。
成約するまであなたの家づくりを
全力でサポートします。

その他のコラム

ご利用方法に合わせて予約画面へお進みください
まずは無料相談のご予約を 相談は無料です

新潟市中央区女池南にある
ハウジングこまち編集部にご来店いただき相談。

編集部員がご自宅へ訪問。
※対応しないエリアもあります。

電話でご予約は
フリーダイヤル
0120-222-876 0120-222-876

電話受付時間:9:00~18:00

遠方でご来店が難しい方、子育てや共働きで時間がない方は、電話でも相談を受け付けております。